propとは?

表現活動や鑑賞活動を中心としたコミュニケーションプログラムや、
美術を楽しむための気持ちをつくるワークショッププログラムの企画/運営を致します。
「美術を楽しみたい気持ちはあるのだけど、そのきっかけがない」
「こどもに美術を楽しめるような大人になってもらいたい」
などの思いのある方からの依頼には、最大限ご協力致します。

業務内容

定期プログラム「こどもびじゅつ部」

「美術・アート」で思い切り楽しんじゃう、楽しい部活動。
prop専用アトリエ「proproom」を拠点に活動しています。部長はなすびです。
幼児部・小学生部・中高生部があります。
〔こどもびじゅつ部〕

単発プログラム「こどもびじゅつ部・大人コース」

通称「おとな部」。こどもびじゅつ部と同じプログラムを大人もやっちゃいます。
1回ごとのチケット制/お得なつづりチケットもあります。
〔こどもびじゅつ部〕

propとはこんなところ

prop代表

那須 賢輔

なす けんすけ/なすび

1980年兵庫県神戸市出身。岩手県盛岡市在住。
2003年 三重大学教育学部 美術教育コース 卒業
2007年 三重大学大学院教育学研究科 美術教育 修了
2004年1月〜2009年3月の間、三重県立美術館の教育普及担当として、美術館におけるこども・親子を対象とした教育普及プログラムの企画/実施を行う。
2007年〜2009年 三重大学教育学部 非常勤講師
2009年3月三重県立美術館を退職し、フリーのワークショッププランナーとして活動を始める。
2011年9月、岩手県盛岡市にprop専用アトリエスペース「proproom」をオープン。
10月より定期プログラム「こどもびじゅつ部」をスタート。

prop(ぷろっぷ)とは?

propeller(プロペラ)の略称。
プロペラは、飛行機などにあり、エンジンの回転力を推進力に変える働きをしています。将来、美術の専門家にならなくても、美術を通して感じたこと、体験したことは、これからの生活の中で何か新しいパワーに変化をしていくはずです。美術という力を新しいパワーに変える場をたくさん作っていきたい、そんな願いを込めてこの名前をつけました。

prop専用アトリエスペースproproom

のびのびフローリング

全面にフローリングを敷いた室内は、こどもたちにも安全な蜜蝋ワックスを使用しています。くつを脱いで、リラックスをした状態で創作活動を行えます。
[36㎡(約20畳)]

いろんな道具が壁いっぱい

壁面いっぱいに広がる棚には、制作を行なうために必要な絵具・筆・ペン・クレヨンなど、たくさんの画材や道具を準備しています。素材から発想する、道具からイメージする、そんなこともこの部屋では自由自在です。
自然とおとなり
周囲には四季折々の変化を感じることのできる、中津川や岩手城跡公園があり、「ちょっとスケッチにいってみよう」など屋外活動も気軽に行える立地となっています。季節を感じることは、美術の中でも大事なこと。自然と自分をつなぐこともとても重用なエッセンスです。

便利な盛岡中心地

また岩手県公会堂や岩手県民会館などの文化施設も近く、さまざまな催しを一緒に見に行って楽しんでくる、なんてこともすぐに出来る距離にあります。官庁街にも近いため、バスなどのアクセスもしやすい環境となっています。

アクセス

〒020-0023 岩手県盛岡市内丸16-16 大手先ビル2F
バスをご利用の場合
一番近い「上の橋」バス停より 徒歩3分
一番わかりやすい「県庁・市役所前」バス停より 徒歩5分
盛岡都心循環バス「でんでんむし」が便利です。
車をご利用の場合
専用駐車場はございません。周辺の有料駐車場をご利用ください。