2017-07-22

7月20日のもくようび

幼稚園保育園組はそろそろ夏休みに入ってるらしい木曜日、アイスや氷を食べたよ話から活動開始。
本日の幼児コースから、小学生コースでもやっている短時間スケッチを取り入れることにしてみました。入部の時に渡しているスケッチブックに、みんなで1つのモチーフ見ながら思ったように描いていきます。うまくなくても、まずかいてみて、手と腕の感覚を養っていきます。経験は大事。
そして本編は「ねこのはなびや」という絵本を読んでから、大きな黒い紙に自分たちでも花火をぱっと咲かしていきます。あちいにこっちに座ったり寝転がったりして咲いていく花火。夜空だと一瞬だけど、こうしているといつでも見れていい感じ。
小学生コースはビニル袋つないでつくる空気の立体。大きなへびのようにつなげたところから、それぞれに大小さまざまな袋をさらにつないで、新しい形に変えていきます。
そして最後にお迎え待っている時間に、その大きな本体の上をガムテープ転がしてどこまでいけるか挑戦しだす部員。遊びを見つけるのはさすがに早い。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です