2018-02-02

2月1日のもくようび

あっという間に2月がやってきてしまいました。幼児コースの部員たちも小学校に入るの楽しみなんて話題もちらほら。そろそろ春の準備もしていかないと。そんな本日は幼児コースから。
本日の幼児コースは週末の節分で遊べるように、豆を投げるための道具を作ってみます。わりばしとわゴムを組み合わせて飛ばせるようにつくっていきます。最初に繋ぎ方の練習から。
途中違う材料を組み合わせて、自分なりの方法で作り進める部員。回転する方法で飛ばすんだねと喜んで見ているなすびと、違った方法の方がいいなと道を変えようとする部員。最初のひらめきを最後まで突き通していけるように手伝いつつ進めます。
小学生コースも、わりばしと輪ゴムで豆を飛ばせるような仕組みを考えてつくっていきます。
どこを触るとどう飛んでいくのか、何が力となって動き出すのか。少し科学的な頭も必要で、飛ぶ仕組みできたら土台も作らないといけなかったり、考えることは盛りだくさん。そして完成したら、ボウルの的を狙って射的の技術も磨きます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です