2019-07-11

7月11日のもくようび

曇り空で気温もあまり上がらなかった木曜日、朝寒かったよねーと不思議な会話をしながら、今日は幼児コースから活動開始。
本日の幼児コースは絵の具。「ねこのはなびや」という絵本を読んでから、自分だったらどんな花火を描くかなあと考えてからスタートします。
使いたい絵の具を準備して、黒い大きな画面に花火を打ち上げていきます。筆で一本引っ張った線が、本当に夜空に上がっていく花火のようで、そこから全体に広がっていく様子もすごくきれい。大きな紙に描くのって気持ちいいよねー。
小学生コースはカラーインクを使って描いてみる点描的な絵。インクがもともと透明なので、あまり混色して濁らせないように注意しながら、少しずつ画面を色で埋めてもらいます。
絵具皿に出した色がこんな色なんだと紙に乗せて初めてわかる不思議な色もあったりしつつ、少しずつ広がる色の粒。花火みえるように描いているものもあれば、どこかたまたま民族的な絵柄にも見えたり、さらには印象派の絵のようにもなっていたり。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です