2013-01-11

1月11日のきんようび

今年最初の金曜クラスは幼児コースから。ひさしぶりに来た部員がいたり、体験入部もいたので、少し緊張した雰囲気から始まりました。一緒に活動をして、お話をして、笑っているとすぐに打ち解けていけるのですが、最初はちょっとドキドキします。
そんな中、制作したのは福笑い。少し大きめのダンボールに、最初にホットボンドで輪郭線を描いていきます。別の紙に目・鼻・口のパーツを描いて、切り分けていきます。材料が完成したら、目隠ししていざ福笑い!簡単なことなのに、へんてこな顔になるので面白いもんです。
小学生コースは、年始から月2→月4回に変更した部員がいたので、最大の9人体制になってスタートです。まず最初に屏風の話をして、山折谷折から見える立体感を感じ取りながら、それを自分の絵でも活かしてかたちで絵にして行きます。
イメージが固まったら、墨でどんどん描いていきます。お題があった方が良いということだったので、お題を「冬」に。雪にかまくら、雪だるま。黒い墨を使ってどうやっていがいていくのかかなり苦戦をしています。そうやって昔の人も悩んだはずだよ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です