2012-03-16

3月16日のきんようび

少し寒さの戻った金曜日、いよいよ春休みに入ったこどもたちは今日も元気に活動です。
幼児コースは昨日の小学生コースが残していった魔法の棒のような作品に興味津々だったため、まず最初にその魔法の棒を制作です。
割ばしを準備して、それをのこぎりで切ってみる。柔らかい素材なのですぐ切れるのですが、みんなドキドキしながら新しい道具を触ります。
そして後半戦は、お世話になった人へバッジを制作していきます。パパとママとじいちゃんばあちゃん、、、と考えているとたくさんいる!と悩んじゃうのも微笑ましいことですが、頑張ってゴムやリボンやテープを駆使して、バッジを完成させました。
小学生コースは「割ばし10本と輪ゴムだけで何ができるのか?」ということを手を動かしながら探っていきました。
三角形のカタチを組み合わせて家のような形にしてみたり、ゴムを発射できるようにする構造を考えてみたりと、それぞれに素材と遊んでみました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です