2009-07-08

● 津市立高宮小学校 『たかみや・みずたま・プロジェクト』

完成直後はこんな感じでした

最後の「自分の小学校をイメージする色」は緑系が多いようです

後日学校に伺うとにじみが進み、さらにきれいになってます!

津市立高宮小学校で全校生を対象としたワークショップを行いました。
町のお祭りで使用する飾りとしての布を、なにか普段とは違った描き方でこどもたちに描かせたいという校長先生の依頼を受け、インクのにじみを活かした方法で作品を作りました。
水に、カラーインクを垂らして自分だけのオリジナルカラーを作ることからはじめ、その作った色を穴空きカップに注ぎ入れ、じわっと水のにじんでいく様子を見ていきます。
そして最後は自分の小学校の色をイメージした色で共同制作を行いました。
「筆を使わないでも絵が描ける」ということ、また「色だけでも自分のことを表現することができる」ということを子どもたちに感じ取ってもらうための活動だったのですが、それぞれの思いの色は表現することができたでしょうか。
7月25日(土)には美里町のお祭りで作品が中からライトアップされ展示されるそうです。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です