2014-08-20

8月20日のすいようび

東北の短い夏休みも終わり、なすびのお盆休みも終わり、みんないつもの生活に戻った水曜日。夏休みのたくさんの思い出と一緒に、秋を少しずつ感じていきます。だけど、今日も汗だく。
本日の幼児部はビニル袋に風を通しながら大きな何かをつくっていきます。まず3枚つないで扇風機をつけたら、トンネルみたいな空気の筒ができます。それを見たら侵入せずにはいられません。
どんどん長くしていきながら、穴の空いた箇所をテープでとめることを頑張っていたら、いつのまにか脱出経路をどんどんつくる作業に。もぐって進んで道をつくるのも面白いよね。
小学生部はまず最初に部屋中に紐を張り巡らせます。みんな半信半疑で格子状の紐を協力しながらはっていきます。紐がかかったら、そこに黒いビニルをかぶせて迷路をつくっていきます。
スタートからゴールまで、どこが道で、行き止まりかをつくりながら確認します。完成したら部屋を暗くしたらお化け屋敷に早変わり。お迎えの家族を巻き込んで汗だくでお化け屋敷を楽しみました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です