2018-10-02

9月29日のどようび

まだ盛岡のお天気はそこまでくずれなく、台風の行方が気になっていた土曜日、本日は久しぶりの小学生コースと中高生コースの3コース活動日。まずは午前小学生コースから。
今日の全クラス共に課題はスプーンの上につくる美味しそうな世界。美味しそうを感じるのは、種類の多さなのか、色味なのか、質感なのか。いろいろ混ぜてみたりのせてみたりして、美味しそうを感じる方法を探ります。そんな中、ただひたすらホットボンドで料理をつくる男子部員。
午後クラスはなんだか職人気質的に、リアルな食べ物を作っていこうとしている部員が多め。本当のうどんの太さを紙粘土で作って盛り付けたり、たこ焼きも実際のサイズでつくり、貝柱には細い線を刻み入れたり、小さいの海苔巻きに細かく刻だ輪ゴムいくらを乗せていったり。作り込む魅力。
中高生コースは、前菜・スープ・メイン・デザートとコース的に4品つくってみることに。それぞれのスプーンにどこまでの完成度をだしていくのか、材料選びと丁寧さで勝負。自分の作品のよくできたところを自慢して、相手の精度も褒めてみたり。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です