2013-02-22

2月22日のきんようび

にゃんにゃんにゃんの猫の日ですが、特に猫を気にもせず、いつも通り幼児コースからスタート。女子三人クラスの金曜日になっているので、つるし雛をイメージして、手に乗るサイズの小さなぬいぐるみを簡単お裁縫でつくっていきます。
ホチキスで縫うのでお手軽なのですが、作ってみたい形が細かかったり小さかったりするので、難易度がどんどんあがっていきます。だけどそんなことは気にせず、つくってみたいものをカタチにするのは大事なこと。綿をいれて、最後に針と糸でちょっとだけ綿の入れ口だけ縫ってみて完成。
小学生コースは9人の部員となすびとアシスタントのくりの総勢11名で、ビー玉の転がるコースをつくっていきます。まず最初にそれぞれがコースとなるパーツを作っていきます。紙コップ、紙筒、ダンボールなどをガムテープで接着して行きます。そしてそれらを合体させて、なんとかコースっぽいものに仕立てていきます。
だけどパーツの接合部分のテープにくっついたり、段差で止まったりとハプニングが続出。文字通り悪戦苦闘してタイムアップとなりました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です