2012-08-22

8月22日のすいようび

今日の盛岡の最高気温も35℃間近だったそうな。部員たちも夏休みが終わったんだから、早くもっと涼しくなってほしいものです。
そんな夏休みの余韻の残る本日は幼児コースからスタートです。今日は小麦粉粘土を作ります。
ボウルに小麦粉と少量の塩を入れて、少しずつお水を足して全体を混ぜていきます。お水を冷蔵庫で冷やしていたので、触るだけでひんやり気持ちいい。
ぱさぱさ→ドロドロ→ねばねば→モチモチ。変わっていく手触りを感じながら、1つの粘土にしていきました。この粘土は日持ちしないので、それぞれお家にもって帰って続きは遊んでもらいます。
小学生コースは落ち着きがなかったので、ちょっと反省会からスタート。実制作の時間が少なくなっちゃうけど、大事なことを確認します。
少なくなった制作時間は天板を2つ並べて、そこにビー玉を転がすコースを作っていきました。トラップをしかけたり、コースを分岐させてみたり。短期集中ですが、なんとかカタチにはなったかな。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です