2018-02-24

2月24日のどようび

時折雪が降ったり吹雪いたりしていた土曜日、本日は午前午後の小学生コースと、夕方中高生コースの活動日。
小学生コースは、ぬいものでつくる食べ物。ちくちくと針と糸で縫って形を作っていきます。それまでにぎやかだったみんなも、針と糸で一針ずつ進めていきだすと、すごい集中力でしずかに真剣に。
間違った縫い方した!と焦ってみたり、自分の進めたぬい目が思ったよりきれいで喜んでみたり、綿を入れて立体感ができたときにはまた違った感動があったり、普段と違う制作過程が楽しめるのでぬいもの制作は好きな課題。そして午前クラスはおにぎりやからあげ、午後クラスは大根とほうれんそうなど、モチーフの世界も変わるのもおもしろい。
中高生コースは0.5mmのペンで描く、描いた時間を作業量で見せる課題。文字で画面を埋めてやる!と漢字テストの勉強のように1つの文字を描き進める部員。その文字が少し怖い。
最後の写真は中高生コースの最初のスケッチの時間が余って描かれていたなすび。似てる。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です