2018-12-21

12月20日のもくようび

暖かかった木曜日、残っていた雪も気温が上がって結構とけてくれました。そんな本日は幼児コースから活動開始。
本日の幼児コースは年末特別プログラムのこどもびじゅつ部ならぬ、こどもりょうり部に変身して、本当に食べられるものを作ってみます。幼児コースはお団子作り。粉の分量を図って、ぬるまゆ加えて捏ねていきます。
できた団子を茹でるときのお湯に入れるときにも、怖がって怖がってみんなに励まされてやっと入れれた部員がいたりと1つずつ大人の階段登っていく感じ。できたお団子も醤油つけて美味しく満足。
小学生コースは小麦粉使ってつくる盛岡のうす焼き。粉混ぜ部隊とネギ切り部隊に別れて下ごしらえ開始。多少失敗しても問題ないんだけれど、粉の分量や水の量、切るサイズなどみんな真剣。
焼きあがったものをひっくり返すときにも、これまでに見たことないくらいの集中でくるっと回転。うまくいったときの自慢げな感じもいい感じ。お片づけもみんなで一緒にしていきます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です