2012-02-22

2月22日のすいようび

本日ぞろ目のネコの日も幼児コースは元気です。
こちらのクラスの流行はなぜか継続して「ホテル」ということなので、ホテルのコックさんになるべく、今日は丸く切った紙をお皿に見立て、そこに料理を描いてもらいました。
白いプレートだと少し物足りないので、まずお皿の装飾を描いてみたり、丸く大きなピザ生地を描き、そこにトマトやソースを描き加えてみたりといろいろ試行されていきます。大きな紙にはサラダ、ホットケーキなど、いろいろなものがならびました。
小学生コースはB全紙サイズのケント紙を使って、建造物を制作しました。
ケント紙はこれまでに使っていた画用紙よりも、固く、厚く、つるつるしているという特性をみんなで考え、それを活かして作っていきます。
大きなタワー、ドーム場の建物、お城などいろいろなものがカタチになっていきます。今回は色を付けずに接着剤のみで制作したので、紙の白と影のコントラストの美しい作品が完成しました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です