2012-01-26

1月26日のもくようび

本日木曜日は久しぶりに小学生コースのみの日となりました。
最初の色の活動と絵の活動をしているときに、少々道具を大事にしていない場面があったので、道具の話をするところから始まりました。道具を大事にできない人は、その道具をつかって作品をつくっても、絶対に自分の満足する物はできないよという話をしました。
びじゅつ部は道具があるからこそ、楽しい活動が行なえます。道具を大事にできないと、びじゅつ部の活動はストップします。それを少しでもこどもたちにわかってもらえればと今後も少しずつ話をしていきたいと思います。
そして本日使った道具は筆と墨。
真っ黒の墨と水に少々の墨を垂らした灰色の墨、その2つを使い分けながら画面を作っていきました。昔の水墨画の絵も見たりして、景色を描いたり、模様を描いたり。パサついた線、にじんだ線などを駆使してできる世界を探していきました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です