2014-03-27

3月27日のもくようび

春の暖かさにほっとしてしまう木曜日、幼児部も小学生部もCygの「広野じん 木彫はるのパンまつり」を見に行くところからスタート。
幼児部はぐるっと回っておいしそうなパンを探していきます。ドーナツ、ホットケーキとおやつ系が人気な模様。木の香りもかいでみます。
proproomに戻ったら、傘袋の飛行機制作へ。どうすれば飛ぶのか、自分の思いつくままに材料を組み合わせていきます。割り箸と紙の帆を張ったり、二個の袋を合体させてみたりと実験は続きます。その隣でシンプルなものを大量につくる年長児がいるびじゅつ部。今日もみんな元気です。
小学生部は人数少なめでスタート。おとなりCygに行くと、作家ご本人がいてお話を聞くことができました。「なんで木でパンをつくるの?」「どんな木をつかっているの?」などの質問にていねいに答えてもらい、みんな満足。
部屋に戻ってこちらも飛行機制作へ。飛ばない部長の飛行機を笑いながら、すかっと飛ぶ飛行機をつくる部員たち。こちらもみんな元気です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です