2014-03-27

3月26日のすいようび

ぽかぽか陽気で春を全身で感じる水曜日。ああやっと、春が来ました。そんなびじゅつ部も、年長さんのため幼児部での活動は最後になる部員や、小学生部は引越でびじゅつ部を離れる部員がいたりと、少しそわそわな春の気配がいっぱいです。みんなどこにいっても、元気につくって、悩んで、笑顔になれる人になってくれるといいなあ。
といいつつも、普段の活動をするなすび。いつでもあそびに来れるように特別感よりも、日常感の方がびじゅつ部らしい気がしています。
幼児部はCygのパンまつりを見に行って、おいしそうなパンを探すところからスタート。食べたくなる気持ちがふくらみます。そしてびじゅつ部に戻って、自分の代わりに飛んでいってくれる飛行機をつくっていきました。びゅーんっと飛んでいく姿は心地いいもんです。
小学生部もかさ袋を利用して飛行機をつくっていきます。はねをつけたり、重しをつけたりしながら、飛ぶ形を探します。飛ぶようになったら飛ばし方を研究しつつ、なすびの指定した的を通せるかどうかを部員全員で競技会。にぎやかな日となりました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です