2014-03-28

3月28日のきんようび

陽気なお天気の続く金曜日、本日は幼児部から1名、小学生部から3名が卒園卒業という一日。最後感もあるのかないのか、いつも通りに始まります。
そんな幼児部は傘袋を用いた飛行機制作をしていきます。ふくらませたそのままで飛ばし、さらに翼をつける、合体させる、紙の輪を取り付けるなどしていくと、飛んでいく方法が変わります。
試行錯誤でできた1機が上手く飛んだので、近くの公園に行って飛行練習。少々風があったので、流されながらも、なんとか飛行。だけど遊んでる間に壊れてしまい、少し寂しい最後となりました。
小学生部はそろってCygの展覧会へ。パンづくりを見たことのある部員は作品の細部の形の微妙な表現にも興味を向けます。作家の広野じんさんもいたので、少しお話を伺います。
proproomに戻り木を彫ることは難しいので、木紛粘土を塊にして、そこから削って粉物の食べ物をつくってみます。木を削るマイナスの作業と、粘土でつくるプラスの作業を行き来しつつ、何が粉もの食べ物かを相談しながら制作します。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です