2014-12-25

12月25日のもくようび

サンタさんが各地でプレゼントを配ったあとの木曜日、それもあってか、みんななんだかほっとしている印象で幼児部からスタート。
幼児部も年末恒例のこどもおかし部でラムネ菓子をつくります。最初に使う材料を1つずつ味見するところからスタート。クエン酸、重曹、粉糖などそれぞれの味を覚えておきます。
それらを混ぜて味見すると、ラムネ味!ぎゅぎゅっと形をつくってホットプレートで少し乾燥させて完成。味見ばかりで口の中が甘い日となりました。
小学生部はパタぱたっとお休みが入って、2人だけでの活動に。たまにはゆったりした日もいいよねーと部員と部長。こちらもラムネ製造に。
名前は聞いたことがある材料たちをおそるおそる舐めて、無味に近いコーンスターチ、衝撃的なクエン酸。一口毎に驚きます。
食用色素で色をつけて、固めて、ラムネの形に。少々水分不足などで儚くもろいラムネも出来つつ、こちらも甘い時間となりました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です