2012-10-12

10月11日のもくようび

雨のしとしと降っていた木曜日、本日は幼児コースからスタート。まず最初に展覧会を見に行きます。「絵を見てどうするの?はっとする作品探すの?」と話してくれた部員がいたので、自分がはっとする作品を探しにいくことにしてみました。
よく見ると自分たちでも読める文字がかかれています。ひらがなだったり、ちょっと知っている漢字だったり。そこからはっとする作品を聞いてみると、墨で描かれた大きな作品が何票か獲得。
その印象をきっかけとして、自分たちでも絵に変換していきます。大胆に黒い絵具で筆を走らせてみたり、色を激しくぶつけてみたりと、見たドキドキを記していきました。
小学生コースはメガネの制作を。なすびともう1人メガネ男子がいるクラスなので、みんながつくるメガネが、本物に近い形のメガネになっていきます。
実物と並べながらサイズを調整したり、鏡をみながら自分の顔に合う形に調整したりと、しっかりかけれるメガネにするには時間がかかりますが、なかなかいろんなかたちのメガネができました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です