2013-08-29

8月28日のすいようび

盛岡では先週から新学期が始まっているにも関わらず、心の中では8月いっぱいは夏休み気分の西日本出身のなすび。はやく新学期にならないと。
そんな本日は幼児コースから。本日はふつうの絵具とはちょっと違った洗濯のりに、食用色素を混ぜ込んでつくった絵具で絵を描きます。粘り気があるので、感触も面白いのです。
色を準備して、だばだばっと紙の上に流して行きます。とろみがあるので、広がり方もゆっくり。そこに割り箸などで線を描いたり、伸ばしたり。かき氷やバスなど、いろいろな絵に変わって行きました。
小学生コースは工作的なものがしたいといことで、急遽「坂道をくだっていくおもちゃ」と作戦変更。最初に紙一枚で出来る、トコトコとあるく馬をみんなで作るところから始めます。ていねいにつくれるかどうかで、その先の動きが変わってくるので、みんな真剣に作って行きます。
坂道に置くとゆるゆると降りて行きます。微妙なバランスで倒れたり、転げたりしながら、それをきっかけに新しい動きを見つけて行きました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です