2013-08-07

8月7日のすいようび

部員たちが会うたびに日焼けしていく夏休み。今日も本当に暑い一日となりました。いきなりきた夏に負けちゃわないように、水分補給と休憩を忘れずに。proroomも外より少し涼しくして活動です。
1日から始まったCygの工藤陽之さんの「 八月のくしゃみ 」。本日の幼児コースも小学生コースもちょっと変わった方法で展覧会を見てみました。400点を超える、本当にたくさんの作品があるので、「好きなもの」「自分ではできないもの」「家族にプレゼントするなら」という質問に似合う作品を探しながら見てもらいました。
自分のものはすぐに見つかるけど、家族にはどれがいいのかと考えてみると、少し違った意識で見なければならないので、とたんに難しく、そして面白くなってきます。なんとなく、今日はわらってしまうものを家族にプレゼントしたい部員が多い印象。
roproomに戻ったら、それぞれが展覧会に触発されたところを活かして、どんどん絵を描いていきます。工藤さんのようにダーマトグラフを使って、ぐりぐりといろんな絵を描いては壁に貼ってを繰り返して行きました。どんどん描くのは大変だ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です